トップページ | 2006年2月 »

2006/01/30

あのときの気持ち・・・

卒業研究をしながら、いろんなことを
考えてきた。実験をしていると、
いろんなことを考えるものである。
日記にこんなことがかいてあった。

あのとき私は、
何を探し求めていたんだろう。
何がしたかったんだろう。
何かに夢中になりたくてしょうがなかった。
欲しいものなんて、何もなかった。

ただひとつ欲しいとするなら、
自分に自信を持ちたかった。
自分の道をはっきりさせて、
強い意志を持ちたかった。

小さなことに傷つく
そんな自分が大キライだった。

人に見られたくなくて、
少しうつむいて歩いた。

何でもないことなのに、
涙が溢れた。

これでいいのかどうかは、
誰も教えてはくれない。
もう後戻りもできない。

夢は、願い続けることはできるけど、
いつか諦めなきゃいけないときがある。

私は、何がしたかったんだろう。
何をするために生きていくんだろう。

中略・・・・(^-^;

自分が生きていく中で、
一番大切にしたいのは、
家庭を築くってこと。
そのためには、大切な
パートナーと離れるわけにはいかない。

それが自分の出した結論だった。
私は、そのために地元の企業に就職することを決めた。

バカップルの甘い考えと笑われるかもしれない。
人の気なんて変りゆくものだと言う人もいるかもしれない。

だけど、変わらないものだってたくさんある。
私の気持ちは変わらない。
これだけ毎日一緒に居て、お互いのこと
解かり合えて、もちろん、
すべてが合うわけじゃないけど、
いいところも悪いところも「好き」として
認められる。

何かしてあげなきゃって思えることは、
自分の居場所があるってこと。

根拠なんてないのかもしれない。
だけど、きっとうまくいく自信がなぜかあった。
同時に、あなたを信じているからこそ、
この答えにたどりついた。

今できることを全て投げ出さずにやり通すこと。
それだけでも十分だよ。
背伸びしなくたっていい。
無理しなくたっていい。
自分のできることをやればいい。

どうやら悩んでいたんですね(^-^;
周りから完璧に見られることに疲れていたんでしょう。
確かに頑張っていたけれど、
期待されたり、褒められることは、重いし辛い。
光の部分なんて、見て欲しくなかった。
影の部分をもっと見て欲しかった。

今読み返しても、ちょっと重たい・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/29

時間が教えてくれたもの(・_・ )

前の彼と別れたときは、とても辛かった。
自分から別れを切り出し、私は、たぁを選んだ。
辛いのは、振られるほうだけじゃない、
振るほうも辛いんだって初めて知った。

たぁとは、大学の車のサークルで知り合ったのですが、
知り合った当時は、お互い付き合っている人がいて、
いまだに、どうしてこうなったのだろうと思うこともあるくらい・・・

ある耐久レースが終わった後、
いつものようにお疲れメールを送ったのだが、
いつもならそれで終わりなのに、
そのときだけは、珍しくメールが続いた。
ドライブに行く約束をして、
何度かドライブに行った。

私は、たぁの気持ちが分からなかった。
自分をどういう対象として見ているか、
分からなかった。同時に、
自分の気持ちも分からなかった。
この人のこと、好きになりそうだけど、

自分には、彼氏がいる・・・

でも、今考えてみれば、完全に
たぁに逃げていたのですが・・・

そのときの彼氏に私は大きなうそを
つかれていました。
本人の口から聞いたのではなく、
そのことを隠されていることが
とても嫌でした。
すべてがうそかもしれないと思うと、
信じられることなんて
何ひとつありませんでした。

もう駄目だと思ったとき、
たぁから告白されました。
私は、別れる決心をして、
彼に別れを告げました。

なかなか、納得してもらえませんでした。
隠していたのは、私に嫌われたくなかったから。と。
その人にとって自分がどれだけ大きな存在になっていたかは、
別れた後に気づきました。
でも、もう遅かった。
もう何言われても、信じられないほど、
自分もおかしくなっていた。

もう会いたくなくて・・・
顔も見れなくて・・・
声も聞きたくなくて・・・
忘れたい・・・

全部、忘れたい・・・!!
電話が鳴るたびに怯えていました。
メールもずっと来ました。


早く忘れたかった。
でも、結局忘れられなかった。
1年たっても、2年たっても・・・

だって、そのときは、
その人が1番好きだったんだから。
時が流れても、忘れることなんてできないんだと。
そこまで辿りつくのに1年かかった。

メールも、ちゃんと返すようになった。
今でも、時々メールをするくらい・・・

別れたときは、相手を傷つけてしまったことで、
逆に自分も傷ついていた。
でも、ようやく肩の荷がおりて、

「これで、よかったんだ。」
と納得できるようになった。

これからも、この関係を続けていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れられないキーケース(u_u)o"

たぁと付き合ってまだ3ヶ月のとき、
サイパン旅行へ行き、誕生日が近かったので、
ヴィトンのキーケースを色違いで買ったのですが、
わずか2ヵ月後、私、

なくしました(>_<)”
大学へ行く途中で落としたのに気づいたのは、
授業が終わった後で、
捜しまくりましたが、結局見つからず・・・

私は、たぁに怒られると思いました。
二人で買った大切なものだったから。
恐る恐る電話をしたら、
なぜか、たぁは怒らなかった。
一緒に捜してくれて、見つからなかったけど、
最後まで、怒ったりしませんでした。

「何で怒らないの?」って聞いたら、
「まぁが、一番ショックなのは分かってるから。」と。

今考えてみれば、私のたぁに対する見方が
大きく変わった転機だと思う。
付き合って半年くらいで、まだ相手のことつかめないときに
文句ひとつ言わず私の心を気遣ってくれた。
私は、そのときはまだ、前の恋愛が原因で、
人を信じるのが怖かった。
だけど、
「この人、偽善者じゃない」って思えた。

いつもやさしいわけじゃない。
だけど、自分が本当に辛いときに
差し伸べてくれた手が、
信頼につながった気がする・・・

結局キーケースは、その年のクリスマスに
同じものを買ってもらったけれど、
もうなくせません(^-^;

いろんな「おもい」の詰まったキーケースは、
今も大切にしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/28

軽自動車のプライドと偏見(?)(’▽’)”

私は、軽自動車に乗っていますが、
よくお店の駐車場に行くと、柱の傍とかで、

「軽」と書いてある場所がありますが、
軽自動車乗りの変なプライドで、
すいている時は
「軽」スペースは、
間違いなく避ける(^-^;
何か、悔しい・・・(←何でかし?)

そのくせ、混んでて、
「軽」しかないときは、
らっきぃ(*^-^)♪
って、遠慮なく停める。。。

駐車場といえば、そういえば、、、
うちのtodayちゃんは、
ダウンサス(2巻き半カット)+
フロントエアロなので、
ある日、タワーパーキングで、
断られてしまった(;_;)
「すいません、お客さん、ちょぉぉっと下
擦っちゃいそうなので・・・・」って。
あまりにむなしい経験でした。
ちゃんと9センチあるのに・・・

車高下げると、段差で入れなくなる
お店が増えます(^^;
でも、車高はこのままでいいんです(自己満足)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/27

あながちまちがってはいない・・・

昨日バイトで、後輩の男の子と入ったのだが、
この子がなかなか手ごわい(?)
私は、この子の教育係なのに・・・

私はお酒がほとんど飲めないので(本当に飲めないのに・・・)
その子に、
「昨日チューハイ1缶のんだんだぁ~」
というと
、「で、あばれたんですか?」と聞かれ、
「暴れてなぃわっ、失礼しちゃう(`□ ´)」
って言ったら、

「じゃあ、あたんですか?」って。
「あれてもない!!」
と、こんな様子で話していたら、急に、

「総長、次は何をいたしましょう?」
とか言い始め、

「総長ぢゃないっ!何か走り屋みたいじゃん(^-^;」
って言ったら、
「でも、あながち間違ってはいないですね。」
と言われ、

「た、確かに・・・(’-’)」と納得してしまった。(しちゃいけないって!)

バイトに入れるのも後1ヶ月くらいなので、
叶うならば、悔いのないようにこの子を教育したい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/26

子どもが欲しぃ!(^-^;

大学生が言うと、かなりの爆弾発言(?)ですが、
まぁとたぁは、早く子どもが欲しいのです(深刻に・・・)
だから、世間ででき婚がいいとか悪いとか言われていますが、
正直うらやましいでありますっ(^-^;

そりゃ当人たちは、計算外なのかもしれませんが
(計算的なこともあるかもしれませんが?)
子どもいいなぁ~~~(’▽’*)
だって、自分の子どもってことは、
DNAが受け継がれていて、
相手と足して÷2ってこと・・(当たり前)
すんばらしぃっ(><)/
目の中に入れても痛くないんでしょうねぇ。

もちろん、うちらは今すぐ作ることもできないのですが・・・
大学生と大学院生じゃ収入が・・・あるわけない!
結婚もしばらくおあずけかぁ(;_;)
でも、もう結婚する日も子ども作る日(??)も決めているんです。
あくまで予定ですが。
まぁとたぁは誕生日が3日違いの2月生まれなので、
家族全員2月生まれ計画が・・・(笑)
はたから見たら、何ともばかばかしいのですが。
(本人が言ってしまうと元も子もないのですが)
だって家族全員で誕生日が祝えるなんて、何て経済的!(そっち?)

そんな妄想を膨らませているおばかさんです。
前は、コンビニに行くと、真っ先にファッション誌を
立ち読みしていたのに、
今は・・・・・
たまごクラブ♪ひよこクラブ♪こっこクラブ♪
果たしてこんなんで良いのだろうか?(自問自答)

早く社会人になったらお金を貯めなければ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/24

同棲の本音

たぁとは、付き合い始めた当初から
同棲しています。
今は大学で他県に来ていますが、
偶然実家も同じ県の車で30分のところ。
よく一緒に帰省します。
たぁは、大学の寮生だったはずなのに、
私のアパートにいつの間にか
一緒に住んでいました(^-^;
大学生カップルの同棲なんて
まぁよくある話なのですが、
実際どうなのかというと・・・
幸い私たちには合っているようです(’▽’)♪
おそらくですが・・・(笑)

よく友達に、息苦しくないかとか、
一人の時間がなくて大丈夫かとか、
色々心配されるのですが、
案外一緒に住んでても、
一人の時間はあるものです。
私は寝つきが悪いので、
おやすみぃ☆ミと言った後、
たぁは、20秒で爆睡ですが、
私は、1時間はベットで考え事です。
深刻なことを考えているわけでもないけれど、
物事深く煮詰めることが好きなので、
この時間は重要です。

あとはおそらく別々なのは大学内と、
バイトのときくらいかと・・・

たぁ自身は、本人いわく一人の時間は
要らないそうです(本当に?)
男の人って結構一人で居たいのかと
思いきや、うちの場合はそうでもないらしい。
コンビ二に行くのも、大学に行くのも、
一緒がいいらしい・・・(^-^;
かわいらしいなぁ。

私も基本的にいつも一緒に居たい方なので、
このカップルは平和なのでしょうが・・・

社会人とは違って、大学生の同棲は
一緒にいる時間がほとんどなので、
ある意味(?)貴重な体験だと思うのですが。
もちろん、友達との付き合いは、
逆に優先しています。
二人のことはまたいつでもできることが
ほとんどですから。

今となっては、同棲なんて、どれだけ無意識に
相手を思いやれるかだと思ってしまいます。
意識しすぎると疲れてしまうし、
言いたいこともきちんと言える環境でなければ。
隠すことはストレスになるし、
相手に信頼されるためにも、
ハラを割って話さなければ・・・
せっかくなんだから、
毎日楽しく過ごしたいしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いびつなゆびわ

今日は、タイトルの由来について。。。
私には付き合って3年目になる彼がいます。
ここでは、『たぁ』と呼びますが・・・
ちなみに私は『まぁ』です(笑)
で、なぜに『いびつなゆびわ』かというと、
付き合って半年くらいのときに、
指輪が欲しいと言ったら、
たぁがシルバークレイで作ってくれたんです。
きちんとサイズを測って、
粘土細工のようにシルバーで作って、
私の家のガスコンロで焼いて・・・(ムードなし(^^;))
確かにきちんと測ってくれたので、
サイズはぴったりで、はめていても
全然違和感もないのですが、
はずしてみると、楕円のような、
なんともいびつなかたちで・・・
だけど、なんだかそれが嬉しくて、
プレゼントは色々もらったけれど、
これほど大切なものはありません。
手作りって気持ちが詰まっていて、
どんなに高価なものより
価値があるなぁと思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/23

はじめまして(^-^)♪

卒論の締め切りまであと、1週間…なのに、
こんなことしている場合ではないと
分かっているのに、
忙しいときに限って、
何かやりたいと思って
やり始めると、もうとまらない(^-^;
少しづつ(?)環境を整えていきます。

| | コメント (0)

トップページ | 2006年2月 »